登録済みの360°画像をつなげてウォークスルーを作成する

RICOH Support
RICOH Support
  • 更新

 

 

360°画像同士をつなげて「ウォークスルー」を作成し、画像内の矢印をクリックしてより直感的にプロジェクトの360°画像内を遷移することができます。

 

撮影位置のレーダー方向と360°画像方向を合わせてウォークスルーを作成します

  1. 360°画像を開き、メニューから「ウォークスルーを編集」を選択します。3.____________1.PNG

  2. 360°画像の方向に図面上の扇形レーダーの向きを合わせてください。3.____________3.PNG

  3. 保存を押します。

  4. 自動的に近隣の撮影位置の360°画像への矢印が360°画像内に作成されます。3.____________7.PNG

  5. 移動したい方向の矢印を選択して次の360°画像に移動します。

  6. 1-4を各画像で繰り返すことでプロジェクト全体のウォークスルーを作成できます。

※編集画面で”この画像のウォークスルー設定を削除する”のチェックボックスにチェックをいれ、保存することで該当画像のウォークスルー設定は削除されます。

※画面右側のwalkthrough.png ボタンでウォークスルー表示のオン/オフを選択できます。(ウェブアプリのみ)

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?

2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください