既存の撮影位置に360°画像を追加する

RICOH Support
RICOH Support
  • 更新

1. 図面上の既存の撮影位置を開いてください

2. 「360°画像を追加」ボタンを選択してください

IMG_0348.PNG

 

3. 360°画像を撮影してください

  • RICOH THETAで360°画像を撮影する前に、RICOH THETAをiPadに接続してください。
    • iPadのWi-Fi設定を開き、ネットワーク一覧からRICOH THETAを選択してください。
    • RICOH THETAのパスワードを入力し、RICOH THETAをiPadにWi-Fi接続してください。
      • パスワードはRICOH THETA本体の底面に記載されています。例えばYN30123456と記載されていれば、数字部分の30123456がパスワードとなります。
    • こちらの記事も参照してください: https://help.ricohprojects.com/hc/articles/360056727234
  • 画面上のシャッターボタンあるいはRICOH THETA本体のシャッターボタンを押してください。
    • 画面上のシャッターボタンを押した場合は2秒後に360°画像を撮影します。
  • RICOH THETA本体の向きを揃えて360°画像を撮影してください。

2-12-J2_IMG_0035.PNG

  • あるいは、「ライブラリ」から360°画像をアップロードすることもできます。※360°画像でない通常の画像(2D画像)もアップロードすることができます。

IMG_0350.PNG

 

4. 確認してください

  • OKなら、「保存」ボタンを選択してください。

IMG_0351.PNG

 

5. 新しい360°画像が追加されました

  • 新しい360°画像が既存の撮影位置に追加され、そのサムネイルがこの撮影位置の履歴として下部に表示されます。最新のものが一番左に位置しています。

IMG_0352.PNG

 

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください